檀れい 主演舞台初日に感慨「迎えられて幸せに思います」

[ 2020年10月20日 05:30 ]

舞台「恋、燃ゆる。」の初日を迎え、取材会に出席した檀れい、中村橋之助
Photo By スポニチ

 女優の檀れい(49)が主演を務める舞台「恋、燃ゆる。」が19日、東京・明治座で初日を迎えた。11月15日まで。檀は「(コロナ禍で)上演できないんじゃないかとも思っていましたが、こうして初日を迎えられて幸せに思います」と喜んだ。

 相手役は中村橋之助(24)。檀は橋之助の父・中村芝翫(55)とも共演経験があり「橋之助さんはドンと構えていて大きさを感じました。芝翫さんもそうですし、成駒屋は懐が大きいんですかね」と語った。作中で檀と禁断の恋に落ちる橋之助は、役柄に共感する部分について問われると「僕自身、好きになったらそれしか見えなくなるくらい好きになる。でも(役柄のように)全てを捨ててしまうほど強くないです」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月20日のニュース