赤い公園・津野米咲さん死去 バンドの“故郷”立川市が追悼「生前のご厚情に深く感謝」

[ 2020年10月20日 14:27 ]

亡くなった「赤い公園」の津野米咲さん
Photo By 提供写真

 女性4人組ロックバンド「赤い公園」の津野米咲(享年29)さんが18日に急逝したことを受け、バンドとゆかりの深い東京・立川市が公式ツイッターで追悼した。

 バンドは同市出身のメンバーを中心に、10年に結成され、同市のライブハウスを拠点に活動。12年にメジャーデビューを果たし、14年3月には同市で凱旋ライブも行った。同市とのコラボで作成した「くるりん絵かき歌」は、MVを同市内の公園「子ども未来センター前広場」で撮影。バンド名の入った赤いベンチは、ファンの間では聖地として知られており、同市とは切っても切り離せない関係でもある。

 突然の悲報に、同市のアカウントでは「『くるりん絵かき歌』の提供や子ども未来センターに『赤いベンチ』を寄贈していただいた立川市出身のガールズバンド、『赤い公園』の津野米咲さんの突然の訃報に接し、ただ残念でなりません」と追悼のコメント。「生前のご厚情に深く感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします」とつづった。

 バンドに途中加入した津野さんは、ギターを担当。作詞・作曲も手掛けたほか、SMAPの「Joy!!」、モーニング娘。の「泡沫(うたかた)サタデーナイト!」など数々のアーティストに楽曲を提供した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月20日のニュース