ティモンディ・高岸 代名詞「やればできる」のルーツは校歌「ただ校訓を叫んでいます」

[ 2020年10月2日 13:49 ]

「ティモンディ」の高岸宏行
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行(27)が1日放送のABCテレビ「やすとものいたって真剣です」(木曜後11・32)に出演し、代名詞となっているポジティブ発言「やればできる」のルーツを明かした。

 高岸は「これは(出身の)済美高校の校訓でもあって、校歌の歌詞にも出てくる。“やればできるは魔法の合言葉”と言葉が入っている」と説明し、「僕の言葉ではなくて、ただ校訓を叫んでいます」と話した。

 そして「僕自身がそれで勇気をもらえたので、それをみんなに伝えようと」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース