第1子妊娠中の竹内由恵 「地味につらい」耳管開放症との闘い「今もひどくなる一方」

[ 2020年10月2日 12:18 ]

竹内由恵アナ
Photo By スポニチ

 第1子を妊娠している、元テレビ朝日でフリーアナウンサーの竹内由恵(34)が2日までに自身のインスタグラムを更新。「耳管開放症」に苦しんでいることを明かした。

 1つ前の投稿で「妊娠初期のつわりのお話」としてつわりについて記していた竹内。今回は「妊娠するとつわり以外にさまざまなトラブルがあります。私は『耳管解放症』になったことが一番キツかったです」とイラストとともに告白した。

 「耳管開放症とは、普段閉じているはずの耳管が閉じない状態です。自分の声が大きく聞こえ頭に響く、自分の呼吸音が聞こえる、耳が詰まった感じがする、といった特徴があります」と説明。「これといった理療法はなく、出産したら自然と治るので、それまで耐えるしかないと言われました」とし、「前屈したり、横になったりすると一時的に症状が軽くなるのですが、結局すぐ症状が戻ってしまいます。まあ、多くは望みません」と続けた。

 イラスト内のコメントには「メジャーな症状じゃないから 人に理解してもらえないし、聞こえにくいし、地味につらい…」と嘆きも。竹内は「この症状は今もひどくなる一方で、悩まされています。同じような症状を経験された方がいたら、ぜひ教えてほしいです #耳管開放症#あまり知られていない#聞こえないつらさ#なんやねんこれは」と呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース