ABC斎藤真美アナ、番組最終回にサプライズ報告「このたび結婚いたしました」

[ 2020年10月2日 08:12 ]

ABCテレビ「おはようコールABC」の最終回に結婚を発表した斎藤真美アナウンサー
Photo By 提供写真

 ABCテレビ「おはようコールABC」のMCを務めていた斎藤真美アナウンサー(31)が2日、この日最終回を迎えた番組冒頭で9月下旬に一般男性と結婚していたことを発表した。妊娠はしておらず、今後も仕事は続けていくという。

 斎藤アナは「私事で大変恐縮なんですけれども、このたびご縁がありまして、一般の男性と結婚いたしました」と報告。さらに「おはようコールをご覧の皆様には大変お世話になっておりますし、育てていただいたという思いもありますので一番初めにご報告したくて、この場を借りてお話しさせていただきました」と語った。

 この日は25年間続いてきた番組の最終回。斎藤アナは入社3年目の14年4月から出演。番組の最後に四半世紀の歴史を振り返った際には涙ながらにあいさつした。

 先輩の横山太一アナウンサー(34)から「最後の最後にうれしいニュースが届いたと思います」と祝福されると「ありがとうございます」と笑みを浮かべ、「私にとって、大人になってからも青春時代を過ごすことができました」と番組、スタッフへ感謝の思いを伝えた。

 斎藤アナは10日から「おはよう朝日土曜日です」(土曜前6・30)のアシスタントに鞍替え。MC・北村真平アナウンサー(35)をサポートする。

 ◇斎藤 真美(さいとう・まみ)1988年10月7日、大阪市生まれの31歳。北野高―神戸大を経て2012年に朝日放送に入社。「キャスト」「おはようコールABC」などに出演した。趣味は星空の鑑賞など。実姉は元MBSでフリーアナの斎藤裕美(35)。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年10月2日のニュース