石原さとみは“ひたむきなメモ魔” 役作りのためスポニチ来社 編集局も人柄に感動

[ 2020年10月2日 05:30 ]

スポニチ本紙編集局で校閲の仕事をする石原さとみ
Photo By スポニチ

 女優の石原さとみ(33)が1日、結婚することを電撃発表した。お相手は同年代の会社員男性で、友人夫婦の紹介で出会い、交際に発展した。年内の良き日を選んで婚姻届を提出する。

 石原は2016年に日本テレビ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で主演を務めた際、役作りのためスポニチ本紙の校閲セクションに勉強しに来た。

 校閲部長の説明を熱心に聞きながらメモする姿が印象的だった。実際に自ら誤字を見つけた際には「赤字(誤字)です!」と赤ペンを手に声を張り上げ、紙面のレイアウトを手掛ける担当者のもとに駆けつけてくれた。

 ドラマがヒットした後も「感謝の思いを伝えたい」と再度来社。大ヒット御礼の1面を作って手渡すと大喜びしてくれて、そのひたむきで無邪気な姿に全編集局員が感動した。

 そのひたむきさのルーツはどこか。16歳でデビュー。当初はアイドル女優として人気を集めたが、実力のあるトップ女優へと着実に駆け上がった。その背景について、石原と仕事をした関係者の多くは「とにかくメモ魔」と一様に言う。

 「人が話したことや自分で気がついたことを全部ノートに書く。それを咀嚼(そしゃく)し、全てを自分の言葉にする力がある」。その仕事ぶりについては「自分の意見を相手に真っすぐに伝える人。しっかりとした自己主張があるので“ちょっと面倒だ”と思う現場の人間もいる」との声が出るほど。

 そんな彼女もデビューから17年。思うように仕事ができないコロナ禍に遭った。今回のお相手について「疲れて悩んでいた私を支えてくれた人。この人ならと思いました」と周囲に明かしている。これからはメモしなくても、人生の喜びを一緒に刻んでくれる人がいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年10月2日のニュース