加藤浩次キッパリ、妻にプレゼント「ない」理由 きっかけ語る「それ見てて、そこから」

[ 2020年10月2日 12:24 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が1日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。妻にプレゼントをしなくなった理由を明かした。

 この日は、夫婦間で「好き」や「愛してる」を言い合うかでトークする中、結婚19年の加藤は「付き合った当初からそんなこと言う関係じゃなかった。俺も言わないし、向こうも言わない」と語った。

 結婚記念日に食事には行くというが、プレゼントを渡すことは「ない」とキッパリ。一方で「好きなものを『これ買っていい?』みたいなことはある」と、妻からの要望があれば購入するスタイルだと説明した。

 さらに「7、8年前」の出来事を挙げて「俺がヨーロッパに仕事で行って、(プレゼント用に)選んだバッグ、1回も使ってないから。それ見てて、そこからもう…」と、サプライズでプレゼントをしなくなったと言い、それからは「『これが欲しいの』って言い出すようになった」。

 夫婦間では「サプライズより“ちゃんと使えるもの”の方がいいんだよ」と語った加藤。「サプライズ(する側)が本当にセンス良くて『あ!これ欲しかった!』ってのに毎年ハマればいいよ」としたうえで、「それ何回か失敗したら効率悪いし、お金の無駄だって、うちの奥さんも思うもん」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース