妻夫木聡 父になって心境変化「どんなに素晴らしい賞をもらうより、やっぱり家族が大事」

[ 2020年10月2日 14:51 ]

妻夫木聡
Photo By スポニチ

 俳優の妻夫木聡(39)が1日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会SP」(後9・00)に出演。昨年12月に誕生した第1子や家族への思いを明かした。

 妻夫木は20年来の交流がある親友、嵐の櫻井翔(38)、俳優の佐藤隆太(40)とともに男3人旅を1年半ぶりに決行。3人が共演したTBSドラマ「木更津キャッツアイ」の思い出の場所の千葉・木更津などを訪れた。

 旅の最後には、3人で酒を飲みながらのトークも。3人はステイホーム期間中、リモート飲みも行って交流を深めたが、櫻井はその中で、妻夫木の変化に驚かされたという。「自粛期間の時に、オンライン飲み会をやって、妻夫木聡がパパやってるのが新鮮だった」と語り、「ちょっと寝かしつけるから離れるわとか、1回風呂入れるから離れるわとか、父になるってことで何かが生まれるの?」と、3人の中で唯一の独身の身として素朴な疑問を投げかけた。

 妻夫木は「勘違いされるかもしれないけど」と前置きしたうえで「お前は何が大切か?って言われたら、明らかに『家族!』って言っちゃう。どんなに素晴らしい賞をもらうより、やっぱり家族が大事。生きる意味がはっきりできた」と語った。佐藤が同調する中、櫻井は「陸の孤島、どうしよう…」と苦笑した。

 さらに、妻夫木は「俺はまだ1歳にもなってないから、最後『行ってきます!』って言って、最後(ドアを)閉める瞬間のポケッとした顔がすごい残ってる。これで最後の可能性もあるかもしれないってよぎっちゃうんだよね」と目を細めた。

 妻夫木は女優マイコ(35)と約3年半の交際を経て、16年8月に結婚。昨年12月に第1子が誕生している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース