ベッキー 25年の付き合い“ガラちゃん”の魅力熱弁「さんまさんの舌よりキレイ」

[ 2020年10月2日 18:40 ]

MBSテレビ「痛快!明石家電視台」でケヅメリクガメのガラちゃんについて熱弁するベッキー
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)の5日放送は「実際どうなん!?変わったペットを飼っている人」がテーマ。MC明石家さんま(65)もメロメロの超キュートな珍しいペットから、攻撃性が魅力という危険な生き物まで、普段見ることのない変わったペットと、個性豊かな飼い主が大集合する。

 芸能界きっての動物好きでも知られるベッキー(36)ら8人の動物愛好家が登場する。これまでとにかくたくさんの動物を飼ってきたというベッキーは、飼い始めて25年のケヅメリクガメのガラちゃんの意外な魅力を熱弁。動物が大好きなベッキーの父親がまさかの理由でペットショップから引き取ってきたそうで、ベッキーが「さんまさんの舌よりキレイ」というピンクの舌や、食事の時のワイルドなそしゃく音などの魅力を動画を交えて披露する。

 「赤ちゃんみたいな仕草がたまらない」という岩角美香さんが飼っているキンカジューの凛ちゃんがスタジオに登場。眠くなると自分の親指を吸いはじめる自宅での様子も動画で紹介され、さんまも思わず「かわいらしいな~」と連発してメロメロに。しかし、その珍しいペットのお値段が明かされるとスタジオから驚きの声があがる。

 チャコモリフクロウのクーちゃんの飼い主・小畑美佐子さんは、家を新築する際にクーちゃんのために作ったという豪華なフクロウ専用ルームの映像を公開する。スタジオに登場したクーちゃんは、アインシュタイン・稲田直樹(35)を直視しなぜか困惑の表情を浮かべる。

 コツメカワウソ、ベネットワラビーなど6種類の動物をリビングで放し飼いにしている福地龍介さんが、かわいがるペットをすべて披露。「危険なところがカッコいい」というサソリの飼い主・坂本行康さんは、サソリのある特徴にゾッコン。部屋の電気を消してサソリにブラックライトを当てると、そこには幻想的な光景が浮かび上がる。ハプニングと笑いがいっぱいのトークは大盛り上がりだ。
 他の出演は間寛平(71)、村上ショージ(65)、次長課長・河本準一(45)、井上聡(44)、重盛さと美(32)、アインシュタイン・河井ゆずる(39)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース