カズレーザー 爆問・太田の裁判初出廷に「傍聴券の倍率の低さにショックを受けているのでは」

[ 2020年10月2日 09:10 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が2日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(55)が日大芸術学部に裏口入学したと報じた週刊新潮を提訴した裁判の口頭弁論が1日に東京地裁で開かれ、太田自身が初出廷したことについてコメントした。

 太田は、新潮社側の主張には怒り心頭で「正直にやってきたのに、ひきょうな手を使ってインチキなイメージを持たれた」と痛烈に批判。今後は、太田が否定した報道を新潮社側が事実と示せるかが焦点になる。

 カズレーザーは「太田さんがだいぶはっちゃけてたようなんですけど、今回の裁判の傍聴席の倍率が9・6倍っていうことで、昨今の芸能人がらみの裁判では低いなっていうのがありましたね。傍聴券の倍率の低さに太田さんはショックを受けているのでは。あれ、俺あんまり引きねえなっていうのが」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース