元テラハ・宮城大樹が所属事務所移籍「目標に向かって歩んでいきます」

[ 2020年10月2日 17:39 ]

宮城大樹
Photo By スポニチ

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた元キックボクサーの宮城大樹(30)が2日までに自身のインスタグラムを更新。7年間所属した芸能事務所「スターレイプロダクション」を9月いっぱいで退所し、10月からは「TRUSTAR」に移籍することを発表した。

 「お知らせ」と題して、「この度、10月から株式会社TRUSTARに所属することになりました」と報告。「7年間所属させてもらっていたスターレイプロダクションは離れますが、プロキックボクサーを引退してから新たな道に導いてくれて新しい目標を見つけさせてくれたスターレイプロダクションには感謝でいっぱいです」と謝意をつづった。

 今後については「TRUSTARと共に、目標に向かって歩んでいきますのでこれからも見守ってもらえたら嬉しいです」と記した。

 宮城は2013年8月に現役引退。「テラスハウス」には13年に1年間出演し、14年1月に俳優に転身した。同年3月に発売された男性歌手・ハジ→(39)の楽曲「卒業サヨナラ。」のミュージックビデオで役者デビューを果たし、15年には東京・渋谷にフィットネスジムをオープンさせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月2日のニュース