コロナ感染の金爆・歌広場淳 隔離期間終了、PCR検査「陰性」を報告 他メンバーも「陰性」

[ 2020年8月17日 13:07 ]

「ゴールデンボンバー」の歌広場淳
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染した「ゴールデンボンバー」の歌広場淳(34)が、PCR検査の結果「陰性」だったこと、さらに、医療機関及び保健所の指導による隔離期間が終了した。17日、グループの公式ツイッターで報告された。

 ツイッターに掲載した文書で「8月5日以降、発熱・味覚異常などの症状が出ることなく、医療機関及び保健所の指導による隔離期間を終了いたしました」とし「隔離期間終了日の8月14日に再度PCR検査を受け、8月16日に陰性という結果になりましたことをご報告させていただきます」と発表。他のメンバーも、再度PCR検査を受け「陰性」だったことを伝えた。

 「関係者の皆様、そしてファンの皆様には、仕事に支障をきたしてしまい、申し訳ございませんでした」と謝罪。「また、ご指導をいただきました医療機関及び保健所の皆様に感謝申し上げます。今後より一層の体調管理・感染対策を行いつつ、日々の生活を送ってまいります」とした。

 歌広場は今月4日に検温をした際、37・5度を計測し、以降予定していた仕事をキャンセル。5日にPCR検査を受け、6日に感染が判明していた。

 11日に更新したツイッターでは「お久しぶりです。現在、平熱をずっとキープしてます」と現状報告。「外は良い天気。もうすぐお盆なんだなぁ」と記していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース