山下智久が活動自粛、亀梨和也は厳重注意 ジャニーズ事務所発表 未成年女性と飲酒報道

[ 2020年8月17日 18:05 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は17日、未成年の女性と飲酒したことが明らかになった山下智久(35)の一定期間の活動自粛と「KAT-TUN」亀梨和也(34)の厳重注意処分を同事務所公式サイト「ジャニーズネット」で発表した。

 山下と亀梨は先月下旬、都内で未成年の女性と飲酒したことが「文春オンライン」で報じられていた。

 発表によると、ジャニーズ事務所は報道を受け、ただちに山下と亀梨に事実確認を行った。両者が当該の飲食店に知人男性と来店した際、報道された未成年者が店内に居合わせたことから、当該飲食店による年齢確認において成人である旨の説明が事前になされた上で紹介されることとなり、さらに両者からもこの紹介された相手に対して年齢確認を行っていたことが確認された。このため、未成年という認識はなく飲酒の有無も把握していなかったが、飲食の席をともにしたことは率直に認めている。

 両者は飲食店などの場に未成年者が居合わせることのないよう平素から意識を働かせていたが、今回のような結果を引き起こすこととなった要因の一つとして「店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないかと認識しております」とし、「たとえ自治体による酒類を提供する飲食店への時短営業要請下にない時期の出来事であったとしても、自身の置かれた立場に対する自覚と責任に欠けた行動であったと弊社といたしましては重く受け止めております」としている。

 今回は飲食をともにするに至った相手の年齢についてなど、ともに払う注意を完全に怠っていたとは言い切れないが、新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢においてこのような事態を招き、心配や迷惑をかけていることは事実だとし、両者の意向を確認したうえで山下を一定期間芸能活動を自粛することとし、亀梨は厳重注意の上、書面による反省を促すとした。

 さらに事務所としては、事実を真摯(し)に受け止め、今後の所属タレントへの指導と監督に生かすとしている。最後に「この度は、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪して締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース