“ゴセイブルー”俳優の小野健斗が新型コロナ感染 一時は扁桃腺炎の診断も

[ 2020年8月17日 15:40 ]

俳優の小野健斗(2012年撮影)
Photo By スポニチ

 「天装戦隊ゴセイジャー」のハイド/ゴセイブルー役や舞台「ミュージカル テニスの王子様」の柳蓮二役、「おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」のチョロ松(F6)役などで知られる俳優の小野健斗(31)が新型コロナウイルスに感染したことを17日、所属事務所が発表した。

 今月11日未明、のどの痛み、倦怠感があり、検温したところ発熱症状が見られ、翌12日、医療機関を受診。酸素濃度から扁桃腺炎と診断されたが、14日に再度、発熱があったため、PCR検査を受けた。16日に陽性が確認された。

 「医療機関受診後、当人は病院の指導に従い、治療を行っております。仕事関係者・共演者の皆様、いつも応援してくださっているファンの皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます。本人も病状の回復に全力で努めております。今後も医療機関、行政機関の指導の下、当人の体調管理を徹底してまいります。当社におきましても、引き続き対策を徹底し業務を行ってまいります」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月17日のニュース