加藤浩次、相方・山本圭壱の直筆謝罪文の誤字に「そこはちゃんとしてほしい。厳重に注意したい」

[ 2020年8月17日 09:25 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が17日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。相方・山本圭壱(52)が16日に自身のツイッターに掲載した直筆謝罪文の誤字に苦言を呈した。

 山本は今月13日に新型コロナ感染が判明。その後、8日に行った「軍団山本」のYouTube生配信で共演していた「ココリコ」の遠藤章造(49)、「品川庄司」の庄司智春(44)、ピン芸人のじゃぴょん桑折(47)の感染も相次いで判明した。山本は撮影時の感染防止対策が不完全だったとして、ツイッターに直筆の文章を添付して謝罪。しかし、その謝罪文で誤字が散見しており、ネットなどで指摘されていた。

 加藤は「直筆のコメントに漢字間違いがあるという…。そこはちゃんとしてほしいなと相方として思っています」。謝罪文の「コロナ感染を引き越こしてしまいました」という誤字部分が画面に拡大されると、「『引き起こす』という字を間違えていますよね。厳重に注意したいと思います」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース