加藤浩次、相方・山本圭壱の体調の変化を報告「きのうあたりから、ちょっと悪くなりだしている」

[ 2020年8月17日 10:54 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が17日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルス感染が判明した相方・山本圭壱(52)の体調に変化が生じたことを明かした。

 今月14日の放送で「微熱はあるけど、それ以外の症状はないと言っている。すこぶる元気だと言っている」と山本の体調について語っていた加藤。しかし、この日の放送では「きのうあたりから、ちょっと体調が悪くなりだしていると話を聞いている」と変化が起きたことを報告した。

 相方の体調の変化を受けて「感染当時、そしてPCR検査で陽性と分かったときには軽症でも、その後に何日か経ってから重症化する例はあるんでしょうか」と、国際医療福祉大学主任教授の松本哲哉氏に質問。松本氏は「通常、重症化する例は最初から重症化するのではなく、最初の10日間くらいは無症状あるいは軽症のまま経過して、それが10日ぐらいから急に悪化するようなパターンが多い。これから十分に注意してみていかないといけない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース