吉右衛門が新作歌舞伎「須磨浦」を配信 人間国宝で初めて

[ 2020年8月17日 05:31 ]

観世能楽堂で無観客で撮影した舞台「須磨浦」をオンライン配信する中村吉右衛門(撮影・鍋島徳恭)
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の中村吉右衛門(76)が、29日に新作歌舞伎「須磨浦(すまのうら)」をオンライン配信する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、歌舞伎界では舞台の映像配信に精力的に取り組んできた。人間国宝の俳優が配信を行うのは今回が初となる。

 同作は、初代中村吉右衛門にゆかりのある演目「一谷嫩(いちのたにふたば)軍記」を題材に、吉右衛門自身が新たに書き下ろした新作。東京・銀座の観世能楽堂で無観客で撮影した映像を、イープラスのライブ配信サービス「Streaming+」で配信する。

 吉右衛門は「災難、災害など歴史上繰り返してきたことを皆さん乗り越えて今の人類の幸せがあるのではないか、そのようなことを芝居に重ねてご覧いただけたら」と呼び掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース