膝蓋骨骨折のLiLiCo 転倒時は「最悪の覚悟」 手の指先までしびれ 首から下は「ぴりぴり」

[ 2020年8月17日 14:05 ]

タレントのLiLiCo
Photo By スポニチ

 雨で滑って転倒し、膝蓋骨骨折で手術を受けたタレントのLiLiCo(49)が16日、自身のブログを更新。転倒したときの心境を明かした。

 11日に更新したブログで、声帯手術を受けたことを報告していたLiLiCo。翌日、夕飯の材料を買いに出かけたところ「雨で濡れた石畳みたいな道で滑って、大胆に転んで正座みたいな形で膝をついてしまい…膝の皿…折れた!」と膝蓋骨を骨折したことを伝えた。声帯を手術した影響で声が出なかったため、通りかかった人の助けを借りながら救急車を呼んで病院へ。13日の夕方に下半身麻酔で手術を受けたことも報告していた。

 転倒して1分くらいは「手の指先まで痺れた」といい「正直、最悪の覚悟をした」と当時を回顧。「足の感覚が無いのは、膝だから理解出来るけどさすがに手まで.....首から下、ぴりぴりだった」と振り返った。

 現在は「毎日不安だけど、兵庫のお母さんからも毎晩電話が掛かって来るから嬉しい」とも。「声帯の手術の経過も気になる.....声がらがらなんだけどぉ~」と記していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース