Qちゃんが24時間テレビで募金ラン コロナ禍の異例企画で5キロごとに10万円 助っ人5人と挑戦

[ 2020年8月17日 05:30 ]

日本テレビ「24時間テレビ」で募金ランに挑戦する高橋尚子さん(左)と、メインパーソナリティーの井ノ原快彦
Photo By 提供写真

 シドニー五輪マラソン女子金メダリストの高橋尚子さん(48)が、日本テレビ「24時間テレビ」(22、23日)で「募金ラン」を行う。1周5キロのコースを約20時間走り、周回ごとに10万円を募金するもの。助っ人5人とともに挑戦する。

 シドニーの栄冠から20年、Qちゃんが恩返しのために走る。今年は名物企画のチャリティーマラソンを行わないため、形式を変えたラン企画を実施。別の内容でオファーを受けた高橋さんが、制作側に募金ランを逆提案した。「私は走ることで多くの方に応援していただいた。今度は走ることで恩返しをしたい」と説明した。

 今年の同番組は、深夜帯は生放送ではなく事前収録の内容を放送。募金ランもこれに合わせ深夜帯はストップ。約20時間で何周走れるかという挑戦となる。会場は私有地コースで観覧はできない。

 09年の引退後も毎日20キロほど走っており、「当初は150キロは走りたいと思ってた」という。だが、約1週間前にダッシュをした際に右足を負傷。「引退してから初めて病院に行った」と苦笑い。MRI検査で右ふくらはぎの軽い肉離れと判明した。現在は治すことに専念しているが、そのケガも真剣さゆえ。「良くなってきてるので、諦めずに頑張りたい」と力を込めた。

 助っ人軍団「チームQ」も5人が参加する。女優1人を含むアスリートら4人は決定済み。さらに17日まで著名人の立候補ランナーを募集しており、ここからもう1人を加える。計6人での挑戦に向けて「みんなで協力して何かを乗り越えるのは、コロナ禍の今の時代に合うと思う。もうすぐ50歳ですが、まだまだできるところを見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月17日のニュース