ヒロミ 安倍首相の“ベツノマスク”着用に「どうでもいい話」コロナ対策で「いろんなことを言って」

[ 2020年8月4日 13:11 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が4日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、安倍晋三首相が小さな布マスクをやめて大きな白色のマスクを着けたことについてコメントした。

 「こんなニュースをやるのが、ホントどうなんだろうと思うよ。首相がマスクを変えたっていうのがニュースで」とため息。コロナ対策については発言が減っていることに触れ、「他のことで出てこないというか、いろんなことを言ってほしいけど」と皮肉った。

 司会の坂上忍(53)も「ヒロミさんの言う通り、こんなのでフィーチャーされたらどうなの?」と同調すると、ヒロミは「こんなのどうでもいい話」としながら「こっちのマスクになるとちょっと若返るねと、ちょっと思ったけど」と付け加えた。

 安倍首相は3月下旬から、顎丸出しの小さな布マスクを着用。国会で野党議員に「小さい」などとやゆされていたが、今月1日に別のマスクを着けて官邸に姿を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月4日のニュース