宝塚「はいからさんが通る」16日まで公演中止 出演者3人、スタッフ1人がコロナ感染

[ 2020年8月4日 21:23 ]

宝塚大劇場
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は4日、兵庫・宝塚大劇場で行われる予定だった花組「はいからさんが通る」の6日から16日までの公演を、新型コロナウイルス感染の影響により中止すると発表した。出演者3人、スタッフ1人に新型コロナウイルス陽性が確認されたためとしている。既に2日から4日の公演を中止している。

 17日以降の予定は保健所をはじめ関係各所と連携しながら、感染拡大防止のため必要な措置を行ったうえで、決定次第、改めてホームページで案内するとしている。

 発表によると公演関係者の体調不良が判明したため2日から4日の公演を中止した。その後、公演関係者へのPCR検査を実施した結果、4人の感染が確認された。4人の内訳は3人が出演者、1人がスタッフ。いずれも軽症または無症状で現在、療養に努めている。来場者に直接応対する業務には従事していなかった。

 今後の対応については、保健所の指導も仰ぎながら、濃厚接触者の調査や施設の消毒等、必要な措置を進めるとしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月4日のニュース