指原フィギュアが演技 「最新の雰囲気」と大満足 3Dスキャンして製作

[ 2020年6月10日 05:30 ]

自身の80分の1サイズのフィギュアとともに写る(右上から時計回りに)指原莉乃、真琴つばさ、荒牧慶彦、松崎しげる(C)khara、(C)Naoko Takeuchi、(C)SMALL WORLDS
Photo By 提供写真

 タレントの指原莉乃(27)、歌手の松崎しげる(70)、女優の真琴つばさ(55)、俳優の荒牧慶彦(30)が9日、ショートドラマ「小世界家の秘密」の舞台あいさつに登場した。

 同ドラマは、新テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」のミニチュア世界を舞台とし、4人を3Dスキャンしたミニチュアが演じる小世界家の日常が描かれる。指原は、撮影について「これまでにない、まさに最新といった雰囲気で楽しかったです」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月10日のニュース