どうなるアンジャッシュ コンビ活動に支障も児嶋のソロ活動には“支障なし”

[ 2020年6月10日 05:30 ]

アンジャッシュの児嶋一哉(左)と渡部建
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が9日、テレビとラジオの番組出演の全面自粛を各局に申し入れた。理由について、複数の女性との不倫スキャンダルと説明している。渡部は17年に女優佐々木希(32)と結婚、1歳の長男がいる。

 アンジャッシュは今後どうなるのか。相方の児嶋一哉(47)は「大島」など違う名字で呼ばれ「コジマだよ!」と返すギャグが定着。08年に映画「トウキョウソナタ」での演技が高く評価され俳優としても活躍する。麻雀プロとしての顔も持ち、テレビ局関係者は「1人でも支障はないでしょう」とみる。

 一方でコンビ活動には暗雲。2人は今でもお笑い特番などでコントを披露しているが、同じ事務所の「アンタッチャブル」は、柴田英嗣(44)の女性問題に端を発し活動休止してから、復活まで10年を要しており、お笑い関係者は「今回も時間がかかるのでは」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月10日のニュース