唐沢寿明絶賛「エール」は窪田正孝の真骨頂“弱さ”体現「裕一役は彼の繊細さが存分に生かされた」

[ 2020年6月10日 08:15 ]

「エール」唐沢寿明インタビュー(中)

連続テレビ小説「エール」にレギュラー出演、今度は父子役で窪田正孝と共演した唐沢寿明(右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の唐沢寿明(57)がNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)にレギュラー出演。頼りなくも憎めない主人公の父親を時にコミカルに熱演している。日本テレビ「THE LAST COP/ラストコップ」シリーズで刑事バディを組んだ主演・窪田正孝(31)と今度は親子役で共演。「どんな役でもオファーがあれば出演するつもりでした」というほどの窪田との絆、今作は「ある意味、彼の真骨頂」という窪田の魅力を語った。

 朝ドラ通算102作目。男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶりとなる。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂ふみ)の夫婦愛を描く。

 唐沢が演じるのは、裕一の父・古山三郎。福島の老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の4代目店主。三男のため店を継ぐことはないと思っていたが、長男・次男が相次いで亡くなり、店を継ぐことに。子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしいと願っている。2歳年下の弟・浩二(佐久本宝)が生まれたお祝いに蓄音機を買い、裕一が音楽に親しむきっかけになった。口癖は「オレに任せとけ!」。

 唐沢の朝ドラ出演は1988年(昭63)後期「純ちゃんの応援歌」、2016年(平28)前期「とと姉ちゃん」に続き、4年ぶり3作目。昭和、平成、令和と3時代にわたる朝ドラ出演に「とても光栄です。連続テレビ小説は時代が変わっても、どこか変わらない空気が流れていると感じます」と感慨を口にした。

 窪田とは15年6月の単発ドラマから始まり、16年10月期に連続ドラマ化、17年5月に映画化もされた日本テレビ「THE LAST COP/ラストコップ」シリーズで共演。30年ぶりに目覚めた刑事・京極(唐沢)と若手刑事・望月(窪田)を活写した。

 これを機に、窪田との交流が始まり、唐沢は「ですから今回は、父親役に限らず、どんな役でもオファーがあれば出演するつもりでした。ちょうど父子のような歳の差でもありますから、いわば父親のような目線で窪田くんを見ていますしね。彼には、もっともっと活躍してもらいたい。そのために、力を貸せることがあれば、どんどん貸していきたいと思っているんです」と全面サポートを約束した。

 「才能ある俳優」と窪田を評価。「どの役でも、そのイメージをちゃんとつかんで、物語の世界に入っていける。作品ごとに違う印象を与えることができる俳優です。『エール』の裕一役はある意味、彼の真骨頂じゃないかと思いますね。俳優にとって“強さ”は出せても、裕一のような“弱さ”って、なかなか出せないんですよ。裕一役は、彼の中にある繊細さが存分に生かされた役だと思いますね」と気弱な主人公を体現している演技を絶賛した。

 収録現場の様子についても「頑張ってますよ。主役には主役なりの何かが必要なんです。覚悟も含めて、共演者やスタッフを引き込んでいかないといけない。何で引き込むかは人それぞれですけどね。現場にいると『何とか引っ張っていこう』という彼の座長としての心意気が伝わってきます」と明かし「彼にアドバイス?ないですよ(笑)。違う人間だし、いくら先輩でも、こちらからわざわざ助言するなんてことはありません。でも、逆にじーっと僕のことを見ている気配は感じるかな。僕がスタッフたちとバカ話しているのをじーっと見てる。マネしようとしているのかもね」。窪田も再共演の唐沢から何かを“盗もう”としているようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月10日のニュース