小籔千豊 芸人コメンテーターの急増への批判に「昔からやねん お前見てへんだけや」

[ 2020年6月10日 11:43 ]

小籔千豊
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇の小籔千豊(46)が9日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・30)に出演。芸人コメンテーターが急増していることへの批判に異を唱えた

 吉本新喜劇の座長として活躍する傍ら、さまざまな番組に出演する小籔。今でも拠点は大阪で、家族も大阪に居住。お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!(44)も小籔のことをあくまでも「東京の仕事が多い大阪の芸人さん」と説明した。

 小籔の転機となったのはフジテレビ「人志松本のすべらない話」への出演。無名だった頃は「大阪に来てた東京の芸能人の方はなんやコイツて顔してた」としつつ「『すべらない話』を出させてもらったら『知ってますよ』みたいな感じになった」と変化を実感。「関西テレビで角を曲がろうとしたら、彦摩呂さんとぶつかりかけた。『すみません』って言った時の彦摩呂さんがわーって顔をした。美味しいごちそうぐらいに。東京のタレントさんが『見ましたよ』とか言ってくれるようになった」。売れたと思った瞬間について振り返った。

 大阪と東京の笑いの違いについて聞かれると「笑いの違いとか言うけど、あるかバカタレ!あるわけないやろ、そんなの」とピシャリ。それでも「同じテレビを見てるから、(笑いの違いは)あるわけないけど、バラエティーはやっぱ違くない?大阪ってどバラエティーはあんまりない」と大阪と東京のテレビ番組の違いを指摘した。

 「割と生放送の情報番組が多いかな。そういうところに芸人が出てる」と小籔。「最近、『コメンテーターしてる芸人が…』っていうけど、大阪のもんからしたらそんなところしか出るところがない。北朝鮮のミサイル問題とか、仙谷官房長官の時もバリバリコメント言うて、ちょっとボケたりしてたんよ」と回顧。「最近、ネットニュースとかに『最近、コメンテーターとして稼ぐ芸人が多い、小籔とか…』って(書かれるけど)」と一部で芸人コメンテーターへの批判も出ていることに触れ、「俺、昔からやねん。お前見てへんだけや!民主党政権の時、どんだけボケてきたか」とまくし立てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月10日のニュース