指原莉乃“支配人仲間”尾崎氏と再会「愛の不時着にハマり、インスタを始めていました」

[ 2020年6月2日 13:39 ]

タレントの指原莉乃
Photo By スポニチ

 元HKT48のタレント指原莉乃(27)が2日、自身のツイッターで、HKT48の劇場支配人を退任した尾崎充氏と仕事現場で久々に再会したことを報告した。

 「HKT時代とってもお世話になった尾崎さんに久しぶりに現場でお会いしました!」と、黒いTシャツ姿に黒マスクを付けた尾崎氏の写真を掲載。「一年の時を経て、愛の不時着にハマり、インスタを始めていました」と、同氏の近況をコミカルに報告した。

 尾崎氏は13年に劇場支配人に就任し、指原と二頭体制でグループをもり立ててきた。指原が監督を務め、16年に劇場公開されたHKT48のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」でも、人情味あふれる性格がクローズアップされる存在だった。今年3月の新運営会社設立に伴い、支配人を退任した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月2日のニュース