木村響子さん「かなしいことが二度と起こらないため 動いています」意見は「ご自分のSNSで」

[ 2020年6月2日 14:48 ]

木村花さん
Photo By スポニチ

 5月23日に急逝した女子プロレスラーの木村花さん(享年22)の母で、同じく元女子プロレスラーの木村響子さん(43)が2、自身のツイッターで文書を公開。一部のフォロワーやファンに呼びかけた。

 響子さんは「今 私がしているツイートは花のファンの方たち 愛してくださった方々のかなしみが少しでも癒やされるように かなしみのあまり タタリ神にならないように皆で支え合うためにしております」と前置きしたうえで「ご自分の意見 アドバイス 他の方への強い物言いなどはお控えください 私へのリプライ DMではなく ご自分のSNSでなさってください」と要望した。

 「皆様のお気持ちは大変ありがたく思うのですが、いまはそのすべてを受け止められる余裕がありません すべてをツイートしている訳ではないのです できる訳でもないのです」と心の整理がついていない心情を吐露した。

 花さんはSNSでの誹謗中傷に苦しんでいたが、「もちろん こんなかなしいことが二度と起こらないために いろいろなことを明確にするために動いています 動いてくさだっています」とも。「誹謗中傷という晒し上げといったやり方ではなくやります それは私がなすべきことです」と決意を記した。

 「皆様にはいまはそっと見守っていただきたいのです 花のファンの方には若い方 ちびっこちゃんたちものいるのです 思い遣って 言葉を選んでいただきたいのです 皆さまの想いは落ち着いたら 読ませていただきたいです 皆さまご自身のツイートとして残して頂けば、ありがたいです」と訴えた。

 響子さんは花さんの訃報を受け、何度か思いをツイッターでつづってきた。これらの投稿に多くのコメントが寄せられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月2日のニュース