出川哲朗 妻にキレられながらも18年間直せない癖とは?「本当に悪いとは思っているんですけど…」

[ 2020年6月2日 21:44 ]

お笑い芸人の出川哲朗
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの出川哲朗(56)が2日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(後7・56)に出演し、妻に怒られながらも18年間どうしても直せない癖について語った。

 「直したいけどなかなか直せない事」というテーマで出川は「これは本当に悪いと思ってるんですけど…」といいながら「奥さんが作ってくれた料理に何でもマヨネーズかけちゃうんです。腹が立つらしくて、申し訳ないと思うんですけど…」と悩みを吐露すると、スタジオからは「あ~」という声が飛び交う。

 「18年前に『さんま御殿』に出たときも、前の彼女からマヨネーズのことですげえ怒られたって話をしていて。結局それから全然変わってないんですよ」とどうしてもマヨネーズをかけずにいられないという。

 女優の遊井亮子(43)から「マヨネーズかけて毎回食べられてたら、味なんかつけないで『お前マヨネーズかけて食べてろよ!』ってなっちゃいますよね」と指摘されると、出川は「びっくりするくらい奥さんと同じこと言ってる!」とたじたじだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月2日のニュース