小籔千豊 東京アラート発動に「偉い人らが決めたことに従わなければならない」

[ 2020年6月2日 22:56 ]

小籔千豊
Photo By スポニチ

 お笑いタレント、小籔千豊(46)が2日、インターネットテレビABEMA「ABEMA Prime」(月~金曜後9・00)に生出演。東京都が新型コロナウイルス感染拡大の兆しがあるとして「東京アラート」を初めて出したことに、「偉い人らが決めたことに従わなければならない」などと語った。

 この日夜、都の新型コロナウイルス対策本部会議で、警戒を呼び掛ける「東京アラート」の発動が決まった。番組では対策本部会議のもようを生中継した。小池百合子都知事が発動を宣言、コメントを求められた小籔は、「コロナ騒動とか、こういうのは偉い人らが決めたことに従わなければならないので、決めはったらそうなのかと思うんですけど」と、率直に話した。

 この日、都は新規感染者が34人報告されたと発表した。アラートの目安である1日当たりの新規感染者は7日間平均で約16・3人で、基準値(20人)を下回ったが、「人口の割合で言ったら(東京は)ダントツで一番。人多いわりに、20人でってなるのは、世界で一番人が集まっている密な都市でキツいと思う」と私見を述べた。「出来るだけ早く戻さないと、バランスよく考えてもらいたい」とも話した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月2日のニュース