×

森高千里ら121人「愛は勝つ」リモート合唱 コロナ禍で戦う全ての人にエールを

[ 2020年5月5日 05:30 ]

「愛は勝つ」のテレワーク合唱動画を作成したアップフロントグループ所属タレントら(上段左から)KAN、相田翔子、藤本美貴、高橋愛、つんく♂(中段左から)中澤裕子、堀内孝雄、森高千里、加藤紀子、モーニング娘。’20・譜久村聖(下段左から)真野恵里菜、道重さゆみ、里田まい、鈴木愛理、辻希美
Photo By 提供写真

 森高千里(51)や「モーニング娘。」らが所属する芸能事務所「アップフロントグループ」のタレント121人が新型コロナウイルスと闘う全ての人を励ますため、同グループ所属の歌手KAN(57)が1990年に発表したヒット曲「愛は勝つ」をリモート動画で合唱する動画を制作した。

 医療従事者などコロナ禍に最前線で向き合う人々への感謝と不安な生活を送る国民への応援を込めた企画で、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(31)の妻・里田まい(36)も参加。サッカースペイン2部・デポルティボの柴崎岳(27)の妻で女優の真野恵里菜(29)はスペインの自宅から動画を寄せた。

 タレントが言葉をつなぐ形でメッセージも公開。森高は「あらゆるリスクを負い、多くの人々の日常を支える活動に心から感謝します」と語り「私たちは最後に必ず勝つことができます」と締めくくっている。

 14年に喉頭がんの手術で声帯を摘出した音楽プロデューサーのつんく(51)も参加。ギター演奏のほか言葉の書かれたボードをめくり、メッセージづくりにも加わった。ほかハロー!プロジェクトのグループ「Juice=Juice」の楽曲「泣いていいよ」と、ZARDの名曲「負けないで」も歌唱。約20分にわたってエールを送っている。

 この動画は収益化を意図していない。同事務所は全タレントの公演を6月末まで全て中止、延期している。関係者は「そんな中でも、何か人々の力になりたいというタレントの総意が結集した」と話している。

 ▽「愛は勝つ」 フジテレビ「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」挿入歌に起用されたことで人気に。♪信じることさ 必ず最後に愛は勝つ――という明快な歌詞が支持されオリコン8週連続1位を記録。91年のオリコン年間チャート3位とロングヒットとなり、同年の第33回日本レコード大賞を受賞。KANは同曲で同年のNHK紅白歌合戦に出場した。累計売り上げは200万枚を超える。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年5月5日のニュース