橋下徹氏 給付金申請なら一家で90万円「僕、受け取りますよ」「ある国会議員に批判されたので」 

[ 2020年5月5日 16:25 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が5日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)にリモート出演。新型コロナウイルス対策の一律1人10万円給付について「僕、受け取りますよ」と語った。

 橋下氏は妻との間に子供7人がおり、一家の給付総額は90万円。当初は別の番組で「今ここでお仕事で収入を得ている訳ですから、やっぱり僕が本来もらうべきじゃないと思います」と給付申請はしない構えを見せていた。その姿勢について「ある国会議員に“あの橋下は”と名指しされて批判されたので僕は受け取ります」と修正。

 「受け取った後にそれを寄付するかどうかは考えさせてもらいます」と付け加えた。

 給付に関する麻生太郎副総理兼財務相の説明について「“手を挙げた人には渡すよ”って言ったら“困ってたら手を挙げろ、恵んでやる”みたいな、そんな感じじゃないですか」とチクリ。「“余裕のある人は受け取らないで下さいね”っていう言い方なんですよ、本来は」と皮肉った。

 一方、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(44)は「とにかく橋下さん家の90万円がえげつない額やなと思いまして」と指摘。「この間、別の番組で話した時は“近所のコンビニで使いまくる”っておっしゃってました」と暴露する一幕も。

 これには橋下氏も「あの番組の雰囲気で言ったんだ…」と苦笑しながら使い方を否定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月5日のニュース