×

コロナ感染の声優・山下まみ 2度の「陰性」で自宅待機解除を事務所が発表

[ 2020年5月5日 12:44 ]

 4月9日に新型コロナウイルスの陽性が判定され、自宅療養を続けていたアニメ「けものフレンズ」などに出演する声優・山下まみ(32)が5日、自宅待機解除となったことを所属の青二プロダクションが発表した。

 同社は「4月9日(木)に新型コロナウイルス陽性判定と診断され、保健所の指導に従い自宅療養しておりました弊社所属 山下まみ が、5月4日(月)に医療機関による2度のPCR検査の結果、『陰性』判定の確認を受けました」と2度の陰性判定を報告。「それに伴い、保健所より5月5日(火)から自宅待機を解除されました事をご報告させて頂きます」と自宅待機が解除されたと記した。

 「療養期間中、治療に携わっていただきました医療従事者の皆様、たくさんの励ましのお言葉ををいただきましたファンの皆様、そして全ての関係者の皆様に心より御礼申し上げます」と感謝した。

 山下自身も4日のツイッターで 「先程保健所から連絡があり、検査の結果、明日から外に出られるようになりました。不要不急の外出は控えますが、アスファルトをこの足で感じられることが嬉しい」と投稿。「体調的にしんどい日も気持ち的にしんどい日もあったけど、今はとても元気。今不安を抱えている方々も…どうか1日でも早く身体と気持ち両方が元気になるよう心から祈ってます」とツイートしていた。

 先月10日、山下の所属事務所が6日にPCR検査を受け、9日に陽性の結果が判明したと公表。公表時に熱やせきの症状はなく、異常を感じていた味覚、嗅覚も徐々に回復していたため、保健所の指導で自宅療養を続けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年5月5日のニュース