シャンソン歌手の高木椋太さん 新型コロナで死去

[ 2020年5月5日 08:07 ]

 シャンソン歌手の高木椋太(本名・安永達史)さんが2日午後5時39分に新型コロナウイルス感染症により、川崎市内の病院で亡くなったことが5日、分かった。58歳だった。パリ祭事務局が発表した。

 高木さんは4月1日に発熱、6日に入院、7日に新型コロナウイルスの陽性が判明した。

 高木さんは7月4、5日にNHKホールで開催予定だった「第58回パリ祭」に出演予定だった。4月17日に58歳の誕生日を迎えたばかりだった。

 現在はまだ葬儀ができる状況ではなく、のちに「お別れの会」を開く予定という。

 高木さんは1962年生まれ、東京都出身。東京学芸大学付属高校、北海道大学水産学部卒業。出版社勤務を経て、シャンソン歌手に。1997年、第19回日本アマチュアシャンソンコンクール歌唱賞を受賞、2000年より「シャンソンの祭典 パリ祭」に出演していた。これまで「あの空へ」「あの道へ」の2枚のCDアルバムを発売。2000年から続く草月ホールでのコンサートは今年も10月17日に行う予定だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月5日のニュース