松本人志 深夜の緊急会談で進退口にした吉本・大崎会長に「全力で止めた。いなくなったら辞めます」

[ 2019年7月21日 12:06 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウン松本人志(55)が21日、生放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開いたことについて言及した。

 前日行われた2人の会見を見たという松本。会社から聞いていた内容と違う事実が出てきたとし「吉本はこのままではよくない。2人を追い込んだ、信頼関係がなくなった会社はよくないし、吉本はこのままでは潰れていくという危機感持った」と厳しい口調で語った。

 会見後には、事態の収拾を決断して、同社の大崎洋会長(65)や岡本昭彦社長(53)と緊急会談。その席で、大崎会長からは「これ以上問題が大きくなるなら進退を考えないと」という言葉があったという。

 「でもそれは全力で止めました。大崎さんがいなくなったら僕は辞めます。うちの兄貴なんでね。いなくなったら僕は辞めますね」とポツリ。また、同席で「岡本社長に会見をさせなさい。絶対にだめ。そうしないとこの会社はだめ」と伝えたことも明かし、この日は岡本社長がVTR出演してあす22日に会見することを発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月21日のニュース