サバンナ・高橋 宮迫&亮の謝罪会見振り返り「今日ほど吉本であったことが嫌なことはない」

[ 2019年7月21日 10:45 ]

「サバンナ」の高橋茂雄
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(43)が21日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及した。

 会見のVTRを振り返り、高橋は「正直、今日ほど吉本であったことが嫌なことはないです」と率直を思いを吐露。「宮迫さんと亮さんの言葉に絶対にうそは無いなと正直見てて思いました。宮迫さんと亮さんが本当に覚悟をして全部洗いざらい喋りはったし、僕らが大好きな先輩2人が、ああいう覚悟で喋らなあかん様な状況になってしまったことがすごい悲しい」。さらに「なんで吉本はずっと記者会見をさせたくなかったのか、その理由をちゃんと説明してほしいなって、自分の会社ですけど思いますね」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月21日のニュース