宮迫の後悔“松本さん裏切った” 金銭授受「言った方が」助言受け止められず

[ 2019年7月21日 05:30 ]

謝罪会見を行った宮迫博之(左)と田村亮
Photo By 提供写真

 「闇営業」問題で、お笑い芸人宮迫博之(49)と田村亮(47)による約2時間半の謝罪会見。2人は励ましの言葉を掛けた先輩芸人を裏切ったことの自責の念や、給料が少なく直接営業もせざるを得ない後輩芸人の現状など、さまざまな思いを語った。

 ――守ってくれた先輩たちもいた。どんな思いでうそをついたのか。

 宮迫 お守りいただいている先輩方に、軽い気持ちで、勝手な思い込みの解釈で「金をもらっていない」と言ってしまった。取り返しようのないことで、もうお会いすることができません。

 ――松本人志さんに連絡はしたか。

 宮迫 お電話はさせていただきました。「打ち上げ代を出してもらっただけだ」と言った時に「全員がいくらもらったとか、細かいことを言った方がいい」とおっしゃっていただいた。甘く考えていて、恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした。謹慎期間にもう一度電話をしたら、僕が休んでいる間に「(宮迫の出演番組に)俺、ノーギャラでも出たるわ」と優しい言葉を掛けてくれました。

 ――千原ジュニアや吉本印天然素材のメンバーも言葉を発信したが。

 宮迫 付き合いが長すぎて…。兄弟みたいにやってきたやつらを裏切ってしまった。申し訳ないとか、そういうものでは言い表せない。

 ――家族にはどう説明したか。

 宮迫 妻は、なぜ謝罪会見できないのかと言っていた。(会見を)させてもらえないということをずっと会話していると「もう辞めた方がいいんじゃない。自分のせいなんだから引退を考えたら」と言われました。子供は大学生なので、正直しっかりと話すことはできていません。父としては失格だが、彼が今どのように感じているのか分かりかねます。

 亮 妻からは「今後、どうなるか分からないけれど、しっかり謝罪してきなさい」と言われました。

 ――そういう会見になっているか。

 亮 うそはついていないので、できていると思う。

 ――今、守りたいものはあるか。

 宮迫 僕のせいで不快になって笑えなくなっている人に笑顔が戻るように努力したい。

 ――吉本への思いは。

 宮迫 大阪人に生まれ、子供の頃から笑わせてもらって18歳で入って、こんなアホを30年間育ててくれた吉本に感謝しかないですよ。感謝しか…。こんなことしたいわけないじゃないですか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月21日のニュース