松本人志 衝撃の告白「吉本興業にはいたくないかもって…」会社側の「静観」態度に不信感

[ 2019年7月21日 11:00 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が21日、急きょ生放送となったフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。闇営業問題を巡る、今回の騒動での吉本興業への不信感をあらわにした。

 闇営業での金銭授受について、かねてから、芸人たちは受領したことをきちんと説明すべきだと発言してきた松本。会社側から、契約解消処分となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)らが金銭を受けとっていたことを、会社側から説明を受けた時には「『よかったな。言った通りになったな』と。複雑でしたけどね」と思ったという。

 しかし、その際、同時に言われたのが「静観します」だったとも。「その時に『だったら俺、吉本におれないかもしれないわ』と言ったの。『吉本興業にはいたくないかも』って言いました。考えさしてください。こんな会社じゃだめやと思うから」と衝撃の事実を明かして、周囲を騒然とさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月21日のニュース