土田晃之 宮迫&亮の会見後の大物芸人の発言に「うれしいことだし、その通りだな」

[ 2019年7月21日 15:27 ]

お笑い芸人の土田晃之
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の土田晃之(46)が21日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」(日曜後0・00)に出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で“事実上の解雇”である契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及した。

 土田は「一番最初は『お金受け取ってない』って発言。これが一番問題でしたから」と話すと、その後、宮迫らが金銭授受について嘘をついていたことがわかり、世間が疑惑の目を向ける中で「会見しないと、憶測だけが広がっちゃうから、なんで(会見)しないんだろうって思ってた」とコメント。そして20日の会見を受け、「(嘘をついたことは)許されることじゃないが、説明責任というか、謝罪ももちろんありましたし」と、納得できる部分があったとも語った。

 また、会見後にタレントのビートたけし(72)やお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が吉本興業へ苦言を呈するなどしたことにも言及。「僕らみたいなペーペーの芸人なんかが、小物が何言ったところでどうにもならないけど、大物の芸人さんがたちが発言してくれることは(芸人として)本当にうれしいことだし、その通りだなと思います」と、大物芸人の発言に感じ入った様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月21日のニュース