城田優「身が引き締まる思い」 第43回菊田一夫演劇賞授賞式

[ 2018年4月26日 16:55 ]

菊田一夫演劇賞の記念盾を手にする城田優
Photo By スポニチ

 大衆演劇の舞台で優れた業績を残した芸術家を表彰する「第43回菊田一夫演劇賞」の演劇賞を俳優の城田優(32)が受賞し、都内で授賞式に臨んだ。

 浦井健治(36)とダブル主演したミュージカル「ブロードウェイと銃弾」(2〜4月、日生劇場など)での演技が評価された。記念盾と副賞100万円を授与され「これから臨んでいく作品に対しての身が引き締まる思いを感じています」と晴れやかな表情。同作でタップダンスに初挑戦し「本当に難しくて心が何度も折れそうだった」と振り返った。

 「エリザベート」や「4Stars」など、話題の大作に立て続けに出演し、存在感を示している。城田は「舞台、ミュージカルは、観ていただくお客さまに劇場まで足を運んでいただいて、初めて成立するものです。これからも生の演奏、お芝居、歌、さまざまなエンターテイメントを、魔法にかかった“劇場”で一緒に体感しましょう」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース