尾木ママ 山口達也へ「なぜ女子高校生だったのか」

[ 2018年4月26日 15:46 ]

尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(71)は26日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に生出演し、自宅マンションで、女子高校生に無理やりキスするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検した人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)について言及。「寂しさなどでお酒を飲んじゃう気持ちは分からなくはないが、なぜ(酒を飲む相手が)女子高校生だったのか」と指摘した。

 番組では、山口のこの日の緊急会見の様子を生中継。尾木氏は、涙ながらに謝罪する山口の姿に「反省している気持ちは痛いほど分かる」とした。また、寂しさなどをアルコールでまぎらわすことも理解できなくはないとしたが、「なぜ(相手が)女子高校生だったのか。ほかに(酒を飲む相手が)いなかったのか。大人の人もいたろうに…」と、不適切な行為だったと強調した。

 また、山口と女子高校生が知り合ったとされる、NHK「Rの法則」(月〜木曜後6・55)に出演したことがあるといい「番組は(以前は)もっとまじめだった。いじめについて、山口さんを通して、高校生が心情を吐露するなどしていた。すごくいい番組でした」と振り返った。山口にひわいな言葉を投げかけられ、女子高校生が立ち尽くしたというフジテレビの報道については「番組(Rの法則)にはいろいろなタイプの高校生が出演している。スレている子だったらあれだけど、すごくまじめな子だったのでは」と推測した。

 一方、落語家でタレントのヨネスケ(69)は、山口が女子高校生を電話で呼び出したことに「年をとると後輩が来なくなる。そんなことから、つい若い人に連絡しちゃった気をする」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース