「ラストアイドル」中村守里、映画初出演・初主演「自分の最大限出したい」

[ 2018年4月26日 19:00 ]

「書くが、まま」で映画初出演、初主演を果たす中村守里
Photo By 提供写真

 秋元康氏(59)が総合プロデュースするテレビ朝日「ラストアイドル」グループの派生ユニット「Love Cocchi(ラブコッチ)」の中村守里(しゅり、14)が、映画「書くが、まま」で、映画初出演・初主演することが26日、分かった。

 同作は、映画「ばぁちゃんロード」脚本で商業映画デビューした上村奈帆監督の初の劇場長編作品で、若手映画監督の登竜門として知られている上映企画「MOOSIC LAB 2018」の参加作品となる。

 オーディションを勝ち抜き、主演に抜てきされた中村は「以前から映画に出演することが夢でしたので、決まった時は凄くうれしかったです」と喜びいっぱいにコメント。正直「不安もある」としながら「このようなチャンスをいただいたからには、この作品をよいものにしたいという気持ちは日に日に強くなっています。とにかく自分の最大限を出したいです。作品を通していろいろな経験ができると思いますし、いっぱい成長したい」と気合をみなぎらせている。

 今夏に撮影、11月に東京・新宿の「K’s cinema」で上演予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース