山口達也 メンバーの名前を1人ずつ呼び号泣「まだTOKIOとしてやっていけたら」

[ 2018年4月26日 14:33 ]

会見で涙を流すTOKIOの山口達也
Photo By スポニチ

 自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で書類送検した「TOKIO」の山口達也(46)が26日、都内で緊急会見を行った。会見では涙を流しながら謝罪。メンバーへの思いも告白した。

 「城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也というメンバーで23年間同じ方向を向いて走ってまいりました。30年ぐらい人生の半分くらい、彼らと一緒に戦ってきて、助けて助けられてTOKIOはここまでこられました。しかし、今回私のこういう身勝手な件で彼らがどれぐらい辛い思いをしているのか、どういう思いをして彼らが過ごしているかと考えるとどうしていいか分からない。彼らがいて、私がいるので…。甘い考えかもしれませんが、怒ってくれるのも彼らぐらいしかいない年齢になりましたし、もし、(グループの中で)私の席がまだあるのであれば、まだTOKIOとしてやっていけたらなと…。本当にすみません」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース