TOKIO山口 強制わいせつ容疑で書類送検、和解も広がる波紋

[ 2018年4月26日 05:30 ]

TOKIOのメンバーがいると思われる都内のスタジオ前に集まった報道陣
Photo By スポニチ

 TOKIOの山口達也(46)が自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。女子高校生とは、山口が司会を務めるNHK・Eテレ「Rの法則」を通じて知り合った。テレビ、ラジオ計6本のレギュラーを抱える人気者による破廉恥な不祥事。関係各所に衝撃が走った。

 事件が起きたのは今年2月。捜査関係者によると、送検容疑は東京都港区の自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした疑い。山口は当時飲酒していたことを認めており、女子高校生に酒を飲むように勧めたとの情報もある。ただ、ジャニーズ事務所の関係者は「女子高校生はお酒を飲んでいないと把握しております」としている。

 女子高校生は友人とともに山口宅を訪れていたが、2人でその場から離れ、女子高校生が自ら警視庁に被害届を提出した。山口は当初否認していたが「酒を飲んでいて覚えていない」などとも供述。関係者によると、大筋で容疑を認めているという。先週、書類送検された。事件後、示談が成立し、被害届は取り下げられた。今後、検察が調べるものとみられる。

 事件はこの日夕方、NHKのニュース番組が報じたことで発覚した。これを受け、ジャニーズ事務所はコメントを発表。「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております」と謝罪した上で「被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました」と説明した。

 女子高校生とは、山口が司会を務めるNHK・Eテレ「Rの法則」を通じて知り合った。中高生のタレントらが旬の話題やニュースを討論する青少年教育番組。本来、未成年をまとめる立場である山口が、番組を通じて知り合った女子高校生に破廉恥行為をはたらくという事件だけに、番組関係者の間には大きな衝撃が走った。

 関係者は「山口さんは先月26日の生放送後の打ち上げにも参加していた。その時はいつもと変わらない様子だっただけに驚いている」と話した。同番組は25日と26日の放送を中止すると発表した。

 また、TOKIOが出演するフジテレビ「TOKIOカケル」も25日の放送を中止。3本のレギュラー番組がある日本テレビは山口の番組出演を当面見送るなど、各局が対応に追われた。テレビ局関係者は「刑事処分が確定するまで活動自粛になることは避けられない」としている。

 山口はこの日朝、日テレの情報番組「ZIP!」に普段通り出演。その後、夜まで都内のスタジオで「TOKIOカケル」の収録に臨んだ。

 ファンや関係者の信頼を裏切った山口の破廉恥事件。波紋は今後も大きく広がりそうだ。

 ◆山口 達也(やまぐち・たつや)1972年(昭47)1月10日生まれ、埼玉県出身の46歳。城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也と5人で、94年に「TOKIO」として「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。ベースを担当。1メートル67、血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース