松坂桃李 大ベテランの“秘話”語る「助監督が連絡しても“まだここにいる”って言われる」

[ 2018年4月26日 20:29 ]

大阪市内で舞台あいさつした役所広司(右)と松坂桃李
Photo By スポニチ

 俳優の松坂桃李(29)が26日、大阪市内で開かれた主演映画「孤狼の血」(5月12日公開)の試写会で舞台あいさつした。

 主演の役所広司(62)演じる暴力団係の粗暴なベテラン刑事とコンビを若き刑事役。暴力団組員役には江口洋介(50)、竹野内豊(47)らそうそうたる役者が名を連ねる。

 共演者との思い出を聞かれると、石橋蓮司(76)が出番の合間にも飲みに行っていたことを振り返り、「助監督が連絡しても“まだここ(飲み屋)にいる”って言われる」と暴露。役所も「おでん屋のおかみさんを気に入ってたんだよね」と続き、白石和彌監督(43)も「紳士的な方なんですけど、僕らがよく行く店のおかみを若干、口説き気味でした」と明かし、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース