山口達也 被害女性が「以前のように穏やかにできるよう」謹慎中は「反省する時間」

[ 2018年4月26日 14:46 ]

会見で涙を流すTOKIOの山口達也
Photo By スポニチ

 自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で書類送検した「TOKIO」の山口達也(46)が26日、都内で緊急会見を行った。上下黒のスーツに白いシャツ、黒ネクタイ姿で登場。約30秒間、深々と頭を下げた。会見はじめに同席した弁護士が、ジャニーズ事務所が山口を無期限謹慎とすることに決定したと発表した。

 25日の事件発覚後、メンバーと連絡をとる心境になれず、また、テレビや新聞、雑誌にも目を通していないことも明かした。

 この日、無期限謹慎を発表。謹慎が明けた後の活動について問われたが「そこまで考えは至っていない」と話した。謹慎明けは「自分が決めることではない」ときっぱり。「被害に遭われた女性、その友人、ご家族の方の心が穏やかになって、以前のように穏やかにできることを願いつつ、反省する時間を過ごしたい」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース