カズレーザーの1日学長に安藤なつが警鐘「あぶないので半日くらいにして」

[ 2018年4月26日 13:06 ]

「同志社大学1日学長就任式」に出席したメイプル超合金の安藤なつ(左)とカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」が26日、都内で行われた「同志社大学1日学長就任式」に出席した。

 同大学出身のカズレーザー(33)が1日学長に就任。オリジナルの真っ赤なアカデミックローブと同大学の角帽を贈呈されると「感慨深い。貴重な経験でありがたいですね。学長という権限をフル活用したい」とニヤリ。「他に誰かいなかったんですか?」と自虐を交えながら「1日とは言わず、1年、10年とがんばりたい」と意欲を見せ、「チャラついた学生は片っ端から留年させる!」と宣言。相方の安藤なつ(37)は「あぶないので、半日学長くらいにして下さい」と懇願し、笑いを誘った。

 同校での4年間を振り返りカズレーザーは「強制がない。自由で制限がないからこそ何でもできる」と魅力をアピールした。1日学長として大学選びや進路を検討中の高校生、新生活を始めた大学生からの悩みに答える場面も。「第一希望の大学じゃなかったので、大学になじめない」というお悩みに関しては、自身も大学で浮いていたことを告白。「学生の頃から金髪、赤い服だった」と明かしたが、「バンドとかやっていて尖ってる人がいっぱいいた。そういう自由をはき違えた人たちと仲良くしてたので、なじんでいた。浮いた人同士で友達になれるのでは」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月26日のニュース