×

広島・森下 121球の力投も6回逆転3ラン献上4失点で降板

[ 2022年6月18日 16:50 ]

せ・リーグ   広島ーヤクルト ( 2022年6月18日    神宮 )

<ヤ・広>気迫あふれる投球の広島・森下(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 広島・森下暢仁投手(24)が5回2/3を投げて4失点で降板した。

 初回から4回まで4イニング連続で得点圏に走者を進められ、5回終了時点で球数は104球。それでも首脳陣は6回の打席で代打を送ることなく2―1の6回も続投を決断。しかし、最後に悲劇が待っていた。

 6回2死無走者から代打・内山壮、塩見に連打を許して一、三塁。そして、続く山崎に右越えの逆転3ランを浴びて降板。121球の力投も最後に力尽きた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月18日のニュース