×

広島 4連敗でついに今季初の4位転落…森下も自身初の4連敗 交流戦終わっても“悪夢”終わらず

[ 2022年6月18日 17:57 ]

セ・リーグ   広島6-10ヤクルト ( 2022年6月18日    神宮 )

<ヤ・広>6回2死二、三塁から山崎は逆転3ラン。マウンドの森下はガックリ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 広島は18日のヤクルト戦に6-10で逆転負けを喫して4連敗。ついに今季初めて4位に転落した。

 1点差を追う2回に会沢が同点の1号ソロを放つと、4回にはまたも会沢が勝ち越し適時打。先発の森下を強力に援護したが、踏ん張れなかった。

 森下は初回から4回まで4イニング連続で得点圏に走者を進められ、5回終了時点で球数は104球。それでも首脳陣は6回の打席で代打を送ることなく2―1の6回も続投を決断したが、6回2死無走者から代打・内山壮、塩見に連打を許して一、三塁。そして、続く山崎に右越えの逆転3ランを浴びて降板。121球の力投は報われなかった。

 さらに7回から登板した3番手のケムナも4失点するなど炎上。打線の終盤に追い上げを見せたが、大量失点が響き、追いつくまでには至らなかった。

 広島にとって「鬼門」と呼ばれる交流戦は、今季も5勝13敗で最下位に終わり、開催された3季連続の最下位という大ブレーキとなった。そんな交流戦の悪い流れを抜け出せず、ついにリーグ戦でも4位転落となった。森下も自身初の4連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月18日のニュース