×

阪神・岩貞「リングでは捨て身でガンガン。本当に格好いい」THE MATCHで親交ある山崎の勝利願う

[ 2022年6月18日 10:18 ]

K-1の山崎秀晃と阪神の岩貞
Photo By スポニチ

 あす19日、格闘技イベント「THE MATCH」が東京ドームで開催される。ついに実現する那須川天心―武尊の「最強」対「最強」の極上決戦。地上波放送が消滅するなど残念なニュースもあったが、久々に格闘技ファンならずとも注目する大会となる。阪神タイガースの岩貞もその1人。ただ、熱視線を送るのはメインカードの2試合前に行われる、こちらもファン垂涎のビッグマッチだ。

 「ずっと応援してますし、(山崎の)Tシャツとかも買ってます。(試合が)楽しみですね」。実は、第13試合に登場するK―1の山崎秀晃とは親交がある。数年前、通っている治療院が同じ縁で対面を果たし、偶然にも山崎がタイガースファンであることもその時に知り「お会いしてからずっと応援させてもらってます」と目を輝かせる。9年目の31歳左腕にとって、今年4月までK―1スーパーライト級王者に君臨し、今もトップ選手としてKOを量産する35歳のアグレッシブなファイトスタイルには多くの学びがあるという。

 「男気というか、プロ格闘家、Kー1の選手の中ではベテランの方が、リングでは捨て身でガンガンいく。本当に格好いいですよね…。野球とつながる部分もあるんです。弱気を見せてしまえば一気に相手に食われる。(マウンドでも)そういうことだな、と思いながらいつも試合を見ています」。競技こそ違えど、マウンドとリングで敵と対峙するという部分では重なる。

 山崎はあす、K―1のライバル団体である「RISE」のライト級王者・原口健飛と対戦。直近の試合でKOされ、ベルトを失っている山崎にとっては団体の威信もかけた絶対に負けられない一戦だ。「(あすの試合は)もちろん見ますし、すごく楽しみです」。今季ここまで22試合に登板し防御率2・12と虎のブルペンを支える背番号17が、フル回転へ山崎の“男気ファイト”から力をもらう。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月18日のニュース