×

西武 森が自身初の5安打に「めっちゃうれしい」 ファウルが右膝直撃しもん絶するシーンも

[ 2021年8月17日 22:00 ]

パ・リーグ   西武8―2ロッテ ( 2021年8月17日    ZOZOマリン )

<ロ・西(15)>9回無死、右前打を放つ森 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・森が自身初の1試合5安打をマークした。

 「めっちゃうれしい。1打席目で1本出て、その後の打席も楽な気持ちで入れた」

 初回2死で右前打を放つと、後は打ち出の小づち状態。4回には先頭打者として右翼線二塁打を放って逆転の口火を切り、5回無死一塁では右前打を放って大量5点奪取を呼び込んだ。

 母校・大阪桐蔭は夏の甲子園でこの日の1回戦に勝利。「もちろん結果は見ている。後輩たちの頑張りは刺激になるし、僕も頑張ろうという気持ちになる」。4回1死では山口のファウルが右膝を直撃。痛みにもん絶してベンチで治療を受けたが、その後もプレーを続けた。攻守に頼れる男は「今後もこれをキープしていきたい」とうなづいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月17日のニュース